絶対に風化させない!

老犬が、飼い主の老夫婦によりセンターに持ち込まれた。「この子は病気で、もう長くないから、見ているのも辛いから」という理由で。12月26日の高知県 中村小動物管理センター。

老犬は、12月28日の早朝、誰にも見送られずに逝ってしまった。その時の気温は、マイナス0.1度。(気象庁、過去の気温より)

老犬の収監時の様子が動画に残されていた。耳を澄ませて、老犬の泣き声を聞いて。

老犬の気持ち老犬は、捨てられたとは思っていない。お父さんとお母さんに会いたくて、会いたくて、ただただ泣いた。「どこにいるの?おとうさん、おかあさん。」と。

老犬の気持ちセンターの底冷えのする檻にいれられても、凍えるほどの冷たい床の上を歩きながら、お父さんとお母さんのことを思い続けた。「会いたいよぉ、お父さん、お母さん。」

老犬の気持ちでも、老犬は、最後の最後まで、いつもの通り愛しづつけた。そして、会えない悲しみと絶望の中、たったひとりで逝ってしまった。

収監時の老犬の泣き声

この様子を老犬をセンターに持ち込んだ飼い主の老夫婦に見せたい。見せて、どんな気持ちがするか聞いてみたい。

この動画を日本全国の犬や猫たちを飼っている飼い主に見てもらいたい。絶対に風化させたくない。

犬や猫は、人間が思っている以上に、飼い主を愛している。そして、その命や運命は、飼い主の気持ちひとつでどうにでもなってしまう。 そのことを自覚してほしい。

例え、飼い犬や飼い猫が病気になろうが、ボケが入ろうが、彼らには何の罪もない。ただ年を重ねただけ。年を重ねれば、体のあちこちが悪くなる、足だっておぼつかなくなる、排泄だってうまくできなくなる。それは人間だって全く同じ。冷たい檻にいれられる理由は一切ない。

今、日本全国のセンターや保健所にたくさんの老犬が収容されている現実がある。年老いたもの、放浪したものはガリガリにやせ衰弱し、そしてセンターに収容される。ツィッターやfacebokやブログやホームページで期限付きの収容された犬たちの命を助けようと写真が掲載されている。なぜなら、老犬は譲渡のチャンスもほとんどないから。

手放す飼い主は、厄介払いができてせいせいするだろうが、年老いた犬や猫たちは、この後、炭酸ガスで地獄の苦しみを味わって絶命させられる。そのことを忘れないでほしい。

最後にもう一度、捨てられた犬や猫たちは、捨てられたとは思っていない。最後の最後まで、「お父さん、お母さん、会いたいよ。」と飼い主を愛し続けている。

老犬だからといって、すてないで。最後の最後まで、彼らの気持ちを受け止めて。

収容された老犬

収容された老犬

収容された老犬

 

この動画には投稿者さまの思いの文章がついています。それを引用させていただき、掲載します。

2014/01/01 に公開
撮影日:2013.12.26(木)12.29(日)
場所:高知県 中村小動物管理センター

 

この子は病気でもう長くないから見ているのも辛いからと飼い主の老夫婦によってセンタ-ーに持ち込まれました‥
そして持ち込まれてわずか2日目12.28(土)の朝を待たずして寒くて冷たい檻の中-でひとりさみしく天国へと旅立ちました…
12.29(日)に毛布等を持ち込むための訪問のつもりが亡くなった事実の確認となり-ました…
もちろんもしかしたらの思いもあり祈る気持ちで向かい毛布の上で寝なかったら意味ない-から服の方が確実やなとか…
すごく残念でもう少し早くしてればと近くにいて何もしてやれなかった自分に悔いもし、-飼い主さえ責任を持って犬生最後を自宅で過ごさせてくれてればという思いは有りますが
今はこの子の冥福を祈り、次の子へと繋げていきたいと思ってます

 

今回この子の声が多くの方に届きこの子の存在を知らしめる結果となりその方達から温か-いお言葉や励ましの言葉、亡くなってからは思いを馳せ偲ぶ言葉を頂き大変感謝しており-ます
本当にありがとうございました。

 

この動画を通じ全国の皆さんのすぐ近くに今もこの子のように寒さに震えながら誰かを待-ち続けてる子達が多く居ることが伝われば幸いです
(老齢や病気で寒さなどの外敵要因で体力が持たず亡くなる子、また生き延びたとしても-期限内に飼い主が現れず殺処分など死に直面しています)
そして真実から背を向けることなく何が出来るか自問し出来ることが有れば実行してみて-ください
伝えること、今いる子を大事にすること、署名、寄付、ボランティアなど必ず何かあるは-ずです
こんな私でも小さな光をあてることが出来ました、そしてこの子自らの力によってスポッ-トを浴びることとなりました
生き抜く事は出来ませんでしたがきっとこれがこの子の使命なんだと思ってます

 

最後に
この子の声がより多くの人へ届くことと、不幸な子達がいなくなることを心より願ってま-す

 

長々、乱文にお付き合い頂きありがとうございました
AdRev for Rights Holder さんのおすすめ
Partner with AdRev and Make Money on YouTube!
カテゴリ
ブログ
ライセンス
標準の YouTube ライセンス

 

最後に;

管理人はこの老犬の泣き声を風化させないことが大事だと思い、この記事を書きました。SNSに投稿されたものは、時間が経つと埋もれてしまいます。長い間にその存在が忘れ去られてしまいます。それをどうしても食い止めたかったのです。

もし、賛成して下さる方がいたら、いろんな形でこの老犬の泣き声を広めていただければと思います。それが、一人で逝ってしまった老犬への弔いではないのかと考えました。

老犬の声が胸に突き刺さって、思い出すたびに泣けます。
風化させません、絶対に。

更新:平成29年3月26日
作成:平成27年10月30日

 

★この老犬の泣き声を、日本の全ての人たちに知ってもらいたいです。「どんな気持ちで泣いたのか」を考えてほしいです。シェア、拡散のご協力お願いします!