「犬の十戒 (The 10 Commandments From a Dog’s point of view)」をご紹介いたします。

犬と人間の望ましい姿

その内容は、犬と人間の望ましい姿を犬の立場から人間に語りかけるように書いたもの。犬は人間の言葉を話せません。これから犬と生活を共にする人間に対して、犬とどのように寄り添って暮していくべきかを戒めとして書き記したものです。ひとつひとつがとても重みのある言葉に感じます。

これから犬を飼って一緒に暮らし始めようと考えている人には、絶対にに読んで頂きたいです。又、もう家族になっている人も今一度、噛み締めて読んでいただければ幸いです。

英文と和文と並べました。これは管理人が管理人なりの感性で訳しました。管理人には、飼い主と犬は親子の関係に思えてならないのです。僕とお母さんの形で訳しました。

1. My life is likely to last 10 to 15 years; any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

僕の一生はだいたい10年から15年。お母さんと離ればなれになるのが僕にはとても辛くて悲しい事。僕を買い求める前にその事をしっかりと心に留めておいて欲しい。

2. Give me time to understand what you want from me; don’t be impatient, short-tempered, or irritable.

お母さんが僕に何を望んでいるのか僕が理解できるまで、待って欲しい。時間をちょうだい。じれったく思ったり、短気になったり、イライラしないでほしい。

3. Place your trust in me and I will always trust you back. Respect is earned not given as an inalienable right.

僕のことを信頼して。僕だってお母さんのことをいつも頼りにしている。僕とお母さんの尊敬しあう気持ちは、誰かに与えられたのでなく、僕とお母さんが築きあげたものだもの。

4.Don’t be angry with me for long and don’t lock me up as punishment; I am not capable of understanding why. I only know I have been rejected. You have your work, entertainment, and friends, but I only have you.

僕をずっと怒ったり、お仕置きだといってケージに閉じ込めっ放しにしないでほしい。僕はどうしてそうされたのかちゃんとわかることができない時もある。ただ、拒絶されたことだけはわかる。お母さんには、仕事や楽しみや友達がいるけれど、僕にはお母さんしかいない。

5.Talk to me. Even if I don’t understand your words, I do understand your voice and your tone. You only have to look at my tail.

僕に何でも話して。言葉自体を理解できないけれど、お母さんの声、トーンで僕はお母さんの言わんとしていることを理解できるよ。僕のしっぽを見て、一目瞭然だよ。

6.Be aware that however you treat me, I’ll never forget it, and if it’s cruel, it may affect me forever.

お母さんが僕にどのように接しているか思い返して。僕はそのことを決して忘れない。もしそれが残酷な事だったら、僕の中から永遠に消え去らない。

7.Please don’t hit me. I can’t hit back, but I can bite and scratch, and I really don’t ever want to do that

どうか、僕を叩かないで、僕は叩きかえせない。僕は噛みつくこともできるし、傷つけることもできる。でも、そんなことは絶対にやりたくない。そう、心に決めているんだ。

8.Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I’m not getting the right foods or I’ve been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak. It may be I am just dog-tired.

僕がお母さんのいうことをきかないとか、頑固でだらだらしているとかで僕を怒る前にちょっと考えて欲しいことがある。何かの理由でそうなっていないかどうか。栄養の偏ったご飯のせいか、陽射しにさんざん照らされっぱなしのせいか、心臓が弱って体調が優れないせいかどうか。くたくたに疲れ切ってしまっているかもしれないから。

9.Take care of me when I get old. You too will grow old and may also need love, care, comfort, and attention.

お母さんが年老いて、愛や看護や心地良さや気配りが必要になるのと同じように、僕が老犬になった時、そんな風に僕にしてほしい。

10.Go with me on difficult journeys. Never say, “I can’t bear to watch” or “Let it happen in my absence.” Everything is easier for me if you are there. Remember, regardless of what you do, I will always love you.

僕がこの世を旅立つ時、最後の瞬間まで僕の側にいて欲しい。お母さん、お願いだから「もう見てはいられない」とかその場からいなくなったりしないで。お母さんがそばにいてくれるから、僕は幸せに旅立てる。お母さん、絶対忘れないで。お母さんが僕に何かをしたとしても、僕はお母さんのことを変わらず愛しています。

Author Stan Rawlinson
1993

★Stan Rawlinsonさんについて

この「犬の十戒」はいろいろなサイトで「作者不詳」として紹介されています。実際管理人もそうなんだと思っていろいろ検索してみると、実はイギリスのドッグトレーナー(Dog Listener)である Stan Rawlinsonさんが1993年に書いたものだということに辿り着きました。

上記の英文は彼のサイトに掲載されている文章をそのまま掲載しました。つまり、原文です。原文はこちら。

 

犬の十戒 原文

 

この文章について彼は、「サイト、ブログ、facebook、その他などで、利益を得るものでない限りどうぞ自由に使ってください。その際は当サイトを以下の文章を使ってリンクしてください。」というリクエストが書いてあります。

You can use my Ten Commandments in websites,blogs facebook etc, as long as it is not for financial gain.
I would require being credited as the author, and linked back to my site with the following:

Stan Rawlinson Dog Behaviourist and Obedience Trainer. Author of the “Ten Commandments For Pets”
You can visit his website and articles at http://www.doglistener.co.uk/
? See more at: https://www.doglistener.co.uk/humour/commandments.shtml#sthash.oXNNUofb.dpuf

犬好きの欧米人にもこの「犬の十戒」は有名で、彼らは「コピーライトはStan Rawlinson」ときちんと記述しています。

右、賛成。

このStan Rawlinsonさんという人は、イギリス人、有名なドッグトレーナー(Dog Listener)です。存命中。本も投稿記事もたくさん書いています。テレビ、ラジオなどにも出演しています。

生命保険会社のマネージャーの傍ら、10年以上「狩猟犬(Gundogs)」の訓練士として活躍しました。その後、犬の行動学者、ドッグトレーナーとして起業したのです。

もう40年位、犬に携わっています。独立するあたりにこの「犬の十戒」を書いたようです。犬の本質をとことん知り尽くした彼だからこそ書くことのできたものではないでしょうか。

平成27年5月22日